九州放浪旅 出発前

あーーーーー旅に出たい。

旅に出たい

この春休みである2月と3月は、将来のための勉強と仕事に費やしてきた。

休み頂戴。そろそろ疲れてきたよ。予定表をパラパラとめくる。お、3月の最終週が空いている。これはここで旅行へ行くべきだよな?どこへ行こうか。

去年は九州へ行ったからもう行かなくてもいいか。前から行きたかった四国へ行きたい。うん。四国いいなぁ。よし決定!色々検索しはじめる。ただ、残念なことに四国は、この3月は冬季期間によりバスが全く運行していないらしい。うーん。これは四国へ行くの難しいな。どこへ行こう。うーん。どうしよう。長野は当然まだこの時期だと積雪で半端のないことになっているだろう。

うーん。これは九州へもう一度行くべきなのか?でもこれで九州へ行くの何回目だろう。そろそろ飽きてきたのも事実だ。九州でまだ行っていない場所ってどこだっけ? 地図を開けて色々と考え始める。九州といえば霧島連山にくじゅう連山。両方とも登り歩いたよなぁ。
霧島連山は去年、友人をお連れした山で5回以上登頂しているからもう行かなくてもいいな。それじゃあくじゅう連山か。くじゅう連山も色々登り歩いたぞ。どうしよう。そうだ。そういえば牧の戸(くじゅう登山口)からは何度も登っているから今回は長者原から登ることにしよう。お~~~!!待てよ。くじゅうといえば坊がつるだ。そういえば坊がつるへまだ行っていないのだ。九州山登りで最大の人気を誇るくじゅう連山でその地にある坊がつるだ。ここへはまだ足を踏み入れていない。活火山であることに留意して一応火山状況を確認する。よしよし、安全そうだ。これなら大丈夫だろう。よし、「くじゅう登山 夢の坊がつるへ」これに決定! せっかくだから坊がつるでテントはって2泊ほどしよう!


後、パソコンを置いて行こう。パソコンを持ち歩いて山登りなんてしたくないし、日が沈めばマイナス6度以下でパソコンも凍りつく。こんな場所にはパソコンを持ってくるべきではないな。よし!仕事のことを完全に忘れるためにパソコンも置いてこよう。これは小島の行く旅行にしてはありえないことで、革命的なことだ。よし各方面へしばらく連絡つかないと伝えておこう。「遠くへ行ってきます。探さないで下さい」送信ポチッ (本当にこの文面をメッセージしました)

補足

ここまで読んでくれた方ありがとう。坊がつるという場所ってなんなんだ?と思われた方が多いでしょう。坊がつるとはくじゅう連山(九州大分らへんにある山がたくさんある地帯の総称)において唯一テントにて宿泊をすることができる場所です。アクセスが非常に悪い場所で、登山口から徒歩で2時間ほど要します。また、テントや食料などを含めると20kg以上の大荷物となります。これらの荷物を担いで登山道を歩く必要があり、かなりの体力が必要となります。この地は、本州在住の人間にとっては憧れの場所です。

坊がつるは標高1230m地点に位置するくじゅう連山のベースキャンプ地です。携帯の電話はかろうじてつながる程度で基本的には携帯電話を使用することは不可能。つまり大学や仕事先からの電話やメールから遮断される最高の場所ということです。(ベースキャンプ地:登山や探検をするときに,基地として資材類を蓄えておく固定的な施設,あるいはキャンプ地のことをいう。)

出発前日までのできごと

旅行へ行くと決まったのが出発3日前。

色々と予約をしたのは2日前

旅行へ行こうと決定したのは良いがもしも大口の仕事が入ったらどうしよう。ん?待てよ。前日まで兵庫で撮影の仕事をして旅行当日午前には大学で研究室MTGがある。その夜に大分へいくということ?これ準備する時間ある?まぁなんとかなるだろう。しなければいけないことはなんだっけ?とりあえずTodoリスト作るか。

でも、研究室から呼び出しがあればどうしよう。こんなことを考えているおかげで、なかなか予約をとることができない。結局旅行3日前に詳細な滞在期間を決め、フェリーや宿の予約をしたのは出発2日前だった。ギリギリを完全に攻めている。大丈夫か自分よ。

フェリーの予約をとろうと「さんふらわ」の予約サイトを確認する。やった!ツーリストが3人分あいている。予約ポチッ。あ、宿もとっておこう。Air Bnbで少し高そうな宿を予約した。小島の旅行の特徴としてはホテルを使わないことだろうか。ほとんどの旅行での滞在にAir Bnbを使用している。AirBnbとはその地の空いているマンションの一つの部屋や、民泊体験ができるサービスだ。自分はマンション一室が丸々空いている方を選んで予約をした。電子レンジや、フライパン、洗濯機などが備え付けてあり数ヶ月は滞在できるのだ。毎回毎回外食をしていればかなりのお金の浪費になるからほとんどは旅行先でも自炊をしている。

最終的に1週間ほど滞在することに

いろいろ考えながらも旅行期間は、7日間(2022/03/22〜2022/03/29)となった。

22日の夜に大阪→別府へフェリーで行き、今回は九州の別府に1週間滞在し、帰路も別府→大阪とした。九州で1週間のんびりしようー!予定では、22日の夜にフェリーで大阪を出発する。翌日の23日早朝に別府へ到着するのでバスで登山口まで移動し、その日のうちに山へ入り坊がつるで2泊して、25日に下山する。26日は少し平地で休もう。それ以降は現地についてから考える。という感じだ。

さてと、旅行までにするべきことを済ませておこう。

旅行1日目 3月22日(自宅→大阪港→爆睡)

前日の21日まで仕事でバタバタしており今月納品の案件があった。旅行にPCを持っていかないと心に決めていたので仕方がなくiPadにデータをコピーする。

午前中に大まかな持っていくべきものを色々と考え机の上に用意した。

カメラとかレンズ
充電コード,その他日用品
意地でも持っていく大量の食料

研究室のMTGで一旦大学へ行き、15時頃に帰ってきて旅行の準備を再開する。ん?フェリーの出港時間から逆算すると自宅を16時には出ないと間に合わないぞ。結局1時間でパッキングをすることになった。完全に時間切れだ。忘れ物ありませんように!途中、アウトドアショップでOD缶(ガス)を購入したかったが時間がないので諦めて現地で購入することにする。荷物をパッキングしたリュックを背負う。おおー!旅行へ行くという感覚が出発5分前にして出てきた。缶詰を大量に詰め込んでいるのでやはり重たい。でもこの重さが癖になるのだ。よし行くぞ九州!待ってろー!!

パッキングしたザック


余裕の時間に大阪港へ到着し、乗船手続きを済ませる。手続きを済ませて出発前ロビーで明日の天気を確認する。明日の別府の天気は「雨」。え、雨。明日別府へ到着してすぐに登山口へ行く予定だったのに。23日に山へ入るのは難しいかな。まぁでも詳しいことは現地につかないとなんともいえないのでとりあえず明日別府へ到着してから考えるとしよう。船に乗り、甲板へあがり空を眺める。いい天気で美しい夕焼けだ。頼むから別府でもこの天気を保ってくれ頼む。と思う。

大阪港からみる夕焼け

この日の夕飯は自宅で握ってきたおにぎりとこれまた家に常備していたインスタントのお味噌汁を持ってきて食べる。船の中の食堂は高いのでいつもこうしている。パッキングがギリギリにも関わらずこういうことはちゃっかりしているなと思う自分。

フェリーもフルスロットルで運転をし始めた。ブラックジョークで「タイタニックでも見るか」と考えながら風呂に入り、明石海峡大橋の下をフェリーがくぐるのを確認してさっさと寝ることにした。

フェリーの甲板から見る明石海峡大橋

次の日はアラームをかけなくていいから気楽でいいや。そうこうしていて21時頃には布団へ入る。こんな時間に寝るのは久しぶりだな。よし爆睡。起きたら九州だ。